公益財団法人日本体育施設協会ロゴ 公益財団法人日本体育施設協会
サイト内検索
よくある質問 所在地
■当協会について
沿革・目的・組織
事業・財務
お問い合わせ
■公認指導者制度
概要・資格の種類
講習会開催情報
公認指導者資格更新制
公認指導者資格手続
■事業評価・施設計画
指定管理者外部評価
施設計画
■安全・安心な施設づくり
スポーツファシリティーズ保険
スポーツ救急手当
個人での講習受講
法人内での講習開催
■表彰・認定事業
体育施設功労者表彰
表彰状授与者
感謝状授与者
安全安心優良施設認定
■特別会員/特別会員部会
特別会員
特別会員部会
■出版・普及啓発
機関誌「月刊体育施設」
その他出版物
一輪車普及助成
よくある質問(公認指導者制度【公認指導者資格養成講習会】)
【公認指導者資格養成講習会】
●全般
Q1:どのくらいの人数が認定されているのでしょうか。
Q2:各養成講習会の受講条件を教えてください。
Q3:住所や名前に変更がある場合、どうすればよいですか。
Q4:資格認定証を紛失した場合、再発行は可能でしょうか。
Q5:資格認定カードの再発行は可能でしょうか。
Q6:教本を購入したいのですが。
Q7:体育系大学出身の場合、講義の免除などはありますか。
Q8:理論(筆記)試験の合格の目安はどのくらいでしょうか。
Q9:屋内・屋外体育施設整備士の資格はなくなった(無効な)のでしょうか。
Q10:体育施設管理士の資格があれば体育・スポーツ施設の点検・整備ができますか。

●講習会の受講
Q1:受講申し込みの流れを教えてください。
Q2:受講の可否についての通知は、いつごろ届くのでしょうか。
Q3:業務の都合による講義の欠席(遅刻、早退)は認められますか。
Q4:講習会は修了したのですが、登録の手続きを忘れた場合どうなりますか。
Q5:宿泊を伴う場合、宿泊先を紹介していただけますか。
Q6:受講の可否についての通知は、メールで受け取ることは可能でしょうか。
Q7:受講証及び領収書は、いつごろ届くのでしょうか。
Q8:講習期間中に、受講証を忘れた(失くした)場合は、どうすればよいでしょうか。
Q9:実技科目がある講習会の場合、更衣室はありますか。
Q10:トレーニング指導士養成講習会受講・受験申込書に記載されている「(2)トレーニング歴」はどのような内容を記載すれば良いでしょうか。
Q11:講習会、スポーツ救急手当の受講料等を支払いたいのですが、振込口座を教えてください。
Q12:以前、試験を受けたら不合格でした。再受験の方法を教えてください。
【公認指導者資格養成講習会】
●全般
Q1:どの位の人数が認定されているのでしょうか。
A1:平成29年3月末時点の有資格者は次のとおりです。
  水泳指導管理士…………3,774人
  トレーニング指導士………6,708人
  体育施設管理士…………7,890人
  体育施設運営士…………3,148人
  上級体育施設管理士……2,190人
  公認スポーツプログラマー…3,759人

Q2:各養成講習会の受講条件を教えてください。
A2:各養成講習会受講初日に満20歳以上であれば受講いただけます。ただし、資格によっては、別途受講条件が定められていますので、詳細は講習会情報の各資格の開催要項でご確認ください。

Q3:住所や名前に変更がある場合、どうすればよいですか。
A3公認指導者資格手続のページでご確認ください。

Q4:資格認定証を紛失した場合、再発行は可能でしょうか。
A4公認指導者資格手続のページでご確認ください。

Q5:資格認定カードを再発行することは可能ですか。
A5公認指導者資格手続のページでご確認ください。

Q6:教本を購入したいのですが。
A6公認指導者資格手続のページでご確認ください。

Q7:体育系大学出身の場合、講義の免除などはありますか。
A7:公認スポーツプログラマーの場合、公益財団法人日本体育協会免除適応コース共通科目修了証明書取得者は、共通科目TUVが免除となります。なお、水泳指導管理士、トレーニング指導士、体育施設管理士及び体育施設運営士に免除はありません。

Q8:理論(筆記)試験の合格の目安はどのくらいでしょうか。
A8:公認スポーツプログラマーは140問中の6割、84問以上で合格です。
公認水泳指導管理士・公認トレーニング指導士・公認体育施設管理士・公認体育施設運営士は各科目6割以上、合計点の7割以上の正答で合格です。

Q9:屋内・屋外体育施設整備士の資格はなくなった(無効となった)のですか。
A9:平成6年に屋内・屋外体育施設整備士から屋内・屋外体育施設管理士に名称変更し、平成10年に体育施設管理士に一本化しましたので、現在、その資格はありません。なお、一定の要件があれば、屋内・屋外体育施設整備士の資格を過去に取得したことの証明はできます。

Q10:体育施設管理士の資格があれば、体育・スポーツ施設の点検・整備ができますか。
A10:体育施設管理士は、体育施設全般の維持管理の知識・技術を本協会が認定した資格です。個別具体の施設・設備の法定または定期点検・整備については、それぞれの点検・整備に関する専門の事業者に依頼をしてください。なお、本協会から事業者を紹介することも可能です。
▲このページのトップへ
●講習会の受講
Q1:受講申し込みの流れを教えてください。
A1:当サイトに掲載している「受講・受験申込書」を本協会に郵送(宅配便可、FAXは不可)
    ⇒本協会から「受講・受験内定通知」を送付(参加者が多い場合は抽選)
    ⇒「受講・受験内定通知」受領後、受講・受験料を指定の口座に振込
    ⇒本協会から「受講・受験証」を送付

Q2:受講の可否についての通知は、いつごろ届くのでしょうか。
A2:申込期間の次週には、受講可否のご連絡をご自宅に郵送いたします。

Q3:業務の都合による講義の欠席(遅刻、早退)は認められますか。
A3:基本的に認められません。

Q4:講習会は修了したのですが、登録の手続きを忘れた場合どうなりますか。
A4:資格認定試験合格後、期間内に登録の手続きができない場合、合格は無効となります。

Q5:宿泊を伴う場合、宿泊先を紹介していただけますか。
A5:宿泊先は各自で手配をしていただいております。

Q6:受講の可否についての通知は、メールで受け取ることは可能でしょうか。
A6:メールでの受け取りはできません。

Q7:受講証及び領収書は、いつごろ届くのでしょうか。
A7:受講・受験料の入金が確認でき次第お送りします。

Q8:講習期間中に、受講証を忘れた(失くした)場合は、どうすればよいでしょうか。
A8:再発行しますので、講習会事務局までご連絡ください。

Q9:実技科目がある講習会の場合、更衣室はありますか。
A9:会場によって異なりますので、開催要項等でご確認ください。

Q10:トレーニング指導士養成講習会受講・受験申込書に記載されている「(2)トレーニング歴」はどのような内容を記載すれば良いでしょうか。
A10:トレーニング指導に関する経歴を記載してください。

Q11:講習会、スポーツ救急手当の受講料等を支払いたいのですが、振込口座を教えてください。
A11公認指導者資格手続のページでご確認ください。

Q12:以前、試験を受けたら不合格でした。再受験の方法を教えてください。
A12:次回講習会(共催講習会も含む)以降、受験料をお支払い頂き、不合格科目のみ再受験していただけます。受験先の申込書に不合格通知のコピーを同封し、申込期間内にお申込みください。
再受験を希望される場合は、必ず本協会にご一報ください。
受験料のみのお支払いで、不合格の科目の再受講も可能です。

▲このページのトップへ
All right reserved, Copyright(C) 2014, 公益財団法人日本体育施設協会